Home 首痛改善動画 23時診療

上級施療(保険のきかない施療)

今の治療に満足していますか?
今受けている治療は保険のきく範囲での治療に過ぎません。つまり「並うな丼」とでも言いましょうか。
しかし、当院の治療はそんなものではありません。当院にはもっと効果的な治療があります。つまり「特上うな重」!
 保険施療のような制限がなく、より効果的な治療が受けられます。

上級施療の料金

上級施療(1患部) 初回3800円 2回目以降2500円

上級施療(2患部) 初回4300円 2回目以降3000円

※3週間以上の通院が無い場合は初診になってしまいます。
初回500円割引クーポンはココをクリック!

2回目以降は1週間フリーパスが超お得!!(フリーパスは初回は使えません)

上級施療(1患部) 1週間フリーパス6000円(1週間のうち定額で施療し放題)

上級施療(2患部) 1週間フリーパス7500円(1週間のうち定額で施療し放題)

上記1週間フリーパスは1週間のうち2回以下しか施療できない場合は損をします。その都度その都度1回分の施療代を支払った方がお得です。 が、週に3回以上施療できる方はフリーパスの方がとってもお得!

例) 1患部1週間フリーパスで週に6回施療を受ければ1回あたり1000円と断然お得!

【楽天スマートペイ】カード決済できます。
カードが使えます!

こんな方に受けて頂きたい

保険施療を続けているがなかなか良くならない・・・・
・もっと早く楽になりたい・・・
・よそでいろいろ試したがイマイチ・・・・
・保険の対象から外れていると言われた・・・

施療内容

ベースになる施療(温熱療法通電療法等)の他に「背骨の整え」や 「関連関節へのアプローチ」 「レーザー多照射」 「スパイラルテーピング特選貼り」などなどココには書き出せない秘密の治療法も織り交ぜながら、 保険施療の時より更に一生懸命根本的な施療をさせて頂きます。
(保険治療は痛い箇所だけの治療に対して上級治療は身体全体(特に背骨)をみて根本的に施術をしていきます)

【具体例】
まず問診をしっかり行い痛みの原因を探します。そして診察結果を詳しく説明し施療方針の説明をいたします。
治療は「背骨の整え」や「ソフトブロック療法」で身体を整え治療効果が出やすい状態にします。
そして東洋医学のツボやポイントを活用したスパイラルテーピング療法を行い その場で痛みの改善が見られるか確認してゆきます。
身体が整い患部に負担が少なくなったところで患部に温熱療法を施し 患部の血流や神経の流れを良くし、
干渉波通電で神経の興奮を鎮めてゆきます。その後に 半導体レーザー光線治療器を照射し患部深部の炎症を抑えてゆきます。
そして筋膜リリースや原因筋のストレッチ・関連関節の調整等の 手技を施し生活指導を行って終了します。
(保険施療では、ここまで時間や手間をかけることができません)
人によって、直流電流療法吸角療法炭酸ミスト療法磁気パルス療法星状神経節ブロック照射療法
その人その人にあった施療を行います。

※生活指導とは?
「こんな生活習慣があればこのようにして頂くと改善が早く見られます」とか
「この体操を1日2回だけして頂ければ強い痛みが出にくくなります」とか
「この痛みにはこんなものを意識して摂取してください、漢方にも使われている食材です」などなど
保険施療では話せないマル秘生活テクニックを指導してゆきます。

保険外施療の予診表ダウンロードはこちらをクリック!
手続きの時間短縮を望まれる方は
あらかじめ予診表をダウンロードして記入してきて下さい。


症例1

10年ぶりに野球のピッチャーを週に1〜2回程度草野球でしていて1ヶ月半ぼど
前より右肩甲骨上縁部付近に強く投げた時だけ痛みが出ると当院に受診されま
した。問診・視診・触診など事細かく診察し結果が出ました。それをよく説明
し、質問を受け質問にしっかり答えて施術に移ります。
治療器をかける前に患部への負担や物理的なストレスの軽減を図る為に
頭蓋骨から尾骨にかけて、つまり脊柱の調整手技を行いヒズミやユガミを整え
ます。その後、周囲関節この方の場合は肩関節・胸鎖関節・肩鎖関節・肘関節
などの調整手技を行いました。この時点で5割程度疼痛は軽減され、その次に
スパイラルテーピング療法で残った痛みの半分ほどが軽減されました。
ここからはホットパック温熱療法で患部の血流・神経の流れを良くし、
干渉波通電療法で患部神経の興奮を抑え、半導体レーザー光線療法で患部の
炎症を抑える治療を施しました。この時点でほぼ痛みが消失し違和感のみが
少し残っているだけの状態へと改善されました。翌日試合で投げなければなら
ない、との事で、患部に負担が少なくなる投球術上肢編と下肢編を指導し施療
を終了しました。
上級施療は患部だけの施療ではなく、その周辺、あるいは身体全体の状態を
正常化する事も行い早期回復を目指します。