Home

くしゃみや咳で急に痛くなった腰痛

くしゃみや咳は瞬間的に腹圧を高め、腰にも強いストレスをかけてしまいます。
くしゃみや咳をした瞬間に腰椎の椎間関節や骨盤の仙腸関節を痛めたり、
脊柱起立筋や腰方形筋、インナーマッスルと言われる腸腰筋などの
軟部組織を痛めたりします。
この他、下に落ちた物を拾おうとした時や朝顔を洗おうとしてかがんだ時に
ピシッと痛めてしまう事もあります。
このように普段なら何でもない動作の時にいくつかの悪条件が重なってしまうと
ぎっくり腰をおこしてしまいます。
例えば風邪で体調が不良の時、前日に普段やり慣れない運動をしてしまった時、
いつもより寒かったり天気が悪かったりした時、寝不足が続いた時などです。
こういう場合接骨院では腰部捻挫と判断して捻挫の治療をします。

 参考記事「呼吸法で痛みが変わる?!」


※痛めてから1ヶ月以内の場合で普通の施療を受けたい場合は
 保険施療(労災保険も含む)をオススメします。

※痛めてから1ヶ月以上経った場合で普通の施療を受けたい場合は
 基準施療をオススメします。

※とにかくなんでも良いから早く楽になりたい場合は
 上級施療をオススメします。


「保険施療」の予診表ダウンロードはこちらをクリック!
手続きの時間短縮を望まれる方は
あらかじめ予診表をダウンロードして記入してきて下さい。

「基準施療」「上級施療」の予診表ダウンロードはこちらをクリック!
手続きの時間短縮を望まれる方は
あらかじめ予診表をダウンロードして記入してきて下さい。





口コミをご紹介!

タップ&拡大でじっくり見て下さい!
ギックリ腰治療!

急性腰痛施療!

ギックリ腰治療!



治療に来る前にやってみて!


知っているようで知らないコルセットの効果的な巻き方。



超簡単!腰痛ストレッチ体操!