ネット予約  腰痛動画 22時診療 駐車5台

アトピー・アレルギーなど副交感神経の異常興奮による症状でお悩みの方は相模原市緑区橋本駅の五差路整骨院にお気軽にご相談下さい。


花粉症・鼻炎・クシャミ・鼻水・ 喘息・咳・気管支炎 帯状疱疹・ヘルペス

こんな経験ありませんか?

花粉症の方で花粉が多く飛んでいる屋外にいる時は意外と症状は 落ち着いている。
これって、外出時は少し緊張し交感神経が優位になっている為、症状は 強く出ません。
ところが花粉の少ない自宅に帰ってきてホッとした途端、症状が強く出てくる。
これは、帰宅してリラックスするため、副交感神経が優位になるために起こるんです。
アトピーや喘息も同じです。緊張して交感神経が優位になっている時は症状は落ち着いていますが リラックスして副交感神経が優位になると症状が強くなる。
したがって、症状を出にくくするには副交感神経の異常興奮を抑制する必要があるんです。
当院では、その副交感神経の異常興奮を抑制する施療を行っています。

自律神経正常化施療

当院では星状神経節レーザー照射療法と刺さない井穴刺絡療法などを駆使して 副交感神経の異常興奮を抑制したり、交感神経の異常興奮を抑制する施療を 行っています。

星状神経節レーザー照射療法とは、のどの星状神経節のポイントに半導体 レーザー治療器を照射する治療法です。痛みはありません。
星状神経節 半導体レーザー治療器

刺さない井穴刺絡療法とは手足の指先にあるツボを刺さない鍼やレーザー治療器 で刺激します。
井穴刺絡療法

自律神経

自律神経とは自分の意志とは関係なく自動制御で働いてくれる神経の事です。 例えば、発汗・脈拍・消化吸収・各種ホルモンの分泌及び抑制などです。 自律神経は交感神経と副交感神経がありお互いに拮抗的に働いています。
拮抗とは「相反する」という事。
交感神経は闘争(逃走)神経とも呼ばれ主に日中身体が活動的になる時に優位になります。 それに対し副交感神経は休息神経とも呼ばれ夜身体を休める時に優位になります。 この交感神経と副交感神経がバランスよく働き体調を維持しています。

この自律神経の働きが悪いと様々な身体の不調が出てきます。 例えば、夜寝れない・昼間すごく眠い・花粉症やアトピーなどのアレルギーなどです。 花粉症は外出時など交感神経が優位の時は比較的症状はおさまっていますが 帰宅してホッとすると副交感神経が優位になり症状が強く出るようになります。 このことから、副交感神経の異常興奮で出る症状、交感神経の異常興奮で出る症状が それぞれあり、それぞれの異常興奮を抑制する治療をすると徐々に不快な症状が 出なくなってきます。当院では副交感神経の異常興奮を抑制する治療や交感神経の 異常興奮を抑制する治療などを行い自律神経の働きを整えてゆきます。

《副交感神経の異常興奮で出る症状》
アトピー性皮膚炎・アレルギー(皮膚炎・鼻炎)・花粉症・喘息・蕁麻疹・帯状疱疹・めまい・ 耳鳴り・生理痛・立ち眩み・低血圧・乗り物酔い・寝起きが悪い・不定愁訴・しもやけ・冷え・ 原因のはっきりしない関節痛や筋肉痛・陰部のかゆみ・頭重感・リウマチ・むくみなど

《交感神経の異常興奮で出る症状》
不眠・高血圧・イライラ・疲労感・食欲不振・体重減少・暑がり・脈が速い・汗が多い・ 手足の震え・動悸・息切れ・便秘・更年期障害・不定愁訴など

上記の症状でお困りの方は当院にご相談下さい。

治療は最初の4回は毎日、それ以降は1日おきで3回、その後3日おきで3回、
計10回を目安に通院して頂き、その後は自宅でできる治療をお教えしますので自宅療養
をして頂きます。

施術料 初回3000円 2回目以降は2000円です。


自律神経正常化施療の予診表ダウンロードはこちらをクリック!
手続きの時間短縮を望まれる方はあらかじめ
予診表をダウンロードして記入してきて下さい。